Gran Pharma

INTERVIEWインタビュー

スコール店勤務 西垣 佳奈子 2014年入社 
石川県金沢市出身 金沢大学薬学部卒業

一人薬剤師の店舗でも、
たくさんのサポートがある

2017年にオープンしたスコール店で管理薬剤師として、利用者さまに気持ち良く利用していただけるように、そして職員も気持ち良くオペレーションができるように業務改善をいつも心がけています。このスコール店は薬剤師が私一人なので、調剤以外の法律の部分や、他の病院との連携なども自分一人で進めないといけなかったり、スコール店は“新店”だったこともあり、はじめは不安な部分もありました。しかし困った時には、以前勤務していた鞍月店や、他の新店立ち上げに携わった仲間達のサポートに助けられています。仕事を通じて構築できる信頼関係は私にとって強い味方になっています。

薬剤師が薦める未病のためのMEDIサプリ

調剤薬局の業務は処方箋をもとにお薬を渡すことがメインですが、未病の状態を治すことだったり、健康を維持増進するために薬剤師として栄養面からアプローチしたのがMEDIサプリプロジェクトです。いま巷で流通しているサプリメントは、品質だとか、容量、効果にバラつきがあることが多いので、質が良くて保証できるサプリを紹介していければと思っています。

常に進化しつづけるあおぞら薬局

あおぞら薬局は、良いものをどんどん取り入れることのできる薬局だと思います。例えば、利用者さまに病気で暗い気持ちにならないように店舗を明るくくつろげる空間にしたり、店内のiPadを使った生活必需品や薬などが購入できるお買い物サービスだったり、私達が調剤の業務をしやすいように新しい機械を積極的に導入したり、今までの薬局が取り組んでいないようなことにもどんどん進んで取り組む姿勢が凄くあると思います。だから、あおぞら薬局で働く私達薬剤師も将来ビジョンをしっかりもって、挑戦しながら働くことが大切だと思います。

モチベーションを高める機会

研修では自店舗では見られない症例、処方について議論したり、他店舗の薬剤師に上手な指導法を教えていただいたりと、実践で為になる事が大変多いと感じています。
特に知の伝承プロジェクトや処方解析検討会は他店舗の薬剤師と意見交換できる貴重な機会であり、様々な症例、指導法について学ぶだけでなく、薬剤師として日々の業務のモチベーションを高める機会でもあります。
今は先輩方に教えていただくことが多いですが、今後は研修会で後輩にたくさんのことを伝えられる知識や経験の豊富な薬剤師になりたいと思っています。