Gran Pharma

あおぞら薬局

CSR

In Search of the Ultimate localism.

究極のローカリズムを求めて。

日本人には最高の生き方が存在します。悠久の歴史の中で、連綿と受け継がれてきた生き方。それが「美しい」という生き方であります。 しかし、現代社会はどうでしょう。日常の中で、四季を感じる機会も減り、暑いときには汗を拭い、寒いときには身震いをする。そんな命を感じる機会さえも、遠のく一方であります。また、テレビの前で、コーヒー片手に世界の貧困を知り、インターネット上で友達を探す。何故か、生きている実感が、他人事のように扱われているのです。
「美しい」とは、命を感じながら生きること。
グランファルマは、究極のローカリズムを求めて、「美しい」つまり命を感じながら生きる企業として、地域の抱える課題に対し誠実に向き合います。 美しい企業であり続ける。これがグランファルマに課せられた普遍的な社会的使命であるのです。